山形県高畠町安久津…(安久津八幡神社境内)

震災前取材

 

弘法清水は安久津八幡神社の境内に残る。

康平5年(1062)、前九年の役で源義家の剛勇の将の鎌倉権五郎景政は、敵の弓矢で眼を射られ負傷した。戦いは勝ち、奥州を平定し、その帰途この地で休み、この清水で眼を洗い治療したと伝えられる。

権五郎は隻眼となり、そのときから、この地に生える葦も片葉になったと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です