山形県南陽市宮内

震災前取材

 

南陽市の熊野神社境内に、「ないしょ話」の碑がある。

多くの日本人に親しまれている童謡「ないしょ話」は、この地の近くで生まれた童謡作家、「結城よしを」によって、よしをが19歳のときの昭和14年(1939)に作詞された。「かわいい魚屋さん」などの山口保治によって作曲され、キングレコードから発売され、今も愛唱されている。

よしをは、大正9年(1920)に、歌人の結城健三の長男として生まれ、昭和19年(1944)に戦争で24年の短い生涯を終えるまで、「ナイショ話」「みんな良い子で」「ぶらんこ」など、数多くのかわいらしい童謡や童話を書き続けた。5000編に及ぶ童謡や軍隊での手記など、数多くの遺稿を残し、平成3年(1991)に「結城よしを全集」にまとめられ刊行された。

  1. ないしょ ないしょ ないしょの話は あのねのね
    にこにこにっこり ねぇ母ちゃん お耳へこっそり あのねのね
    坊やのおねがい きいてよね
  2. ないしょ ないしょ ないしょのおねがい あのねのね
    あしたの日曜 ねぇ母ちゃん ほんとにいいでしょ あのねのね
    坊やのおねがい きいてよね
  3. ないしょ ないしょ ないしょの話は あのねのね
    お耳へこっそり ねぇ母ちゃん
    知っているのは あのねのね 坊やと母ちゃん ふたりだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です