山形県金山町金山

震災前取材

 

江戸時代初期より、秋田領への通路は有屋峠越えの廃止により、羽州街道はこの山峡を通るようになった。諸大名が供揃えを従え上り下りし、明治11年(1878)、英国婦人イザベラバードもここを通った。戊辰戦争の際に、この峠は戦場となり、秋田久保田藩兵、新政府軍と仙台藩兵が激しく戦った。

明治13年(1880)、三島県令がこの街道に大改修を加え、翌年、明治天皇の御幸があった。また文人田山花袋が、この峠から月山の美しい姿を称えている。

夕日影 沈まんとする 大空に 月の山こそ あらわれにけれ

昭和33年(1958)、国道13号線が、薬師山の西側を通るようになり、廃道となったが、現在は林道として整備されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です