秋田県秋田市川元松丘町…秋田総合病院

震災前取材

 

現在の秋田総合病院の地には、かつては秋田藩の御薬園があった。

安政6年(1859)の頃、旧台所町(現在の千秋矢留町)にあった佐竹氏の薬草畑が、当時、川尻村箱岡といわれていたこの地に移され御薬園となった。以来、約125種類にのぼる多種類の薬草がここで栽培されていた。

現在は、その志を受け継いでのことか、秋田総合病院となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です