秋田県横手市城南町

震災前取材

 

本多正純は、永禄8年(1565)、徳川家康の家臣の本多正信の嫡男として生まれた。しかし父正信は、三河一向一揆で家康に反逆、三河を追放され、正純は大久保忠世の元で母親と共に保護された。父が家康のもとに復帰すると、正純も家康の家臣として復帰し仕えた。父と同じく智謀に長け、家康の信任を得て重用されるようになった。

慶長8年(1603)、家康が征夷大将軍になると絶大な権力を得たが、家康が将軍職を秀忠に譲ると、江戸の秀忠を補佐する大久保忠隣との間に確執が生じた。

慶長17年(1612)、正純の家臣の岡本大八が、肥前の有馬晴信から多額の賄賂をせしめたいわゆる岡本大八事件が起き、大八が切支丹であったことから徳川幕府の禁教政策ともあいまり、本多父子の力は一時衰退した。

しかし翌年の慶長18年に、正信、正純父子は、大久保忠隣に近い金山奉行で、松平忠輝の家老だった大久保長安が横領していると申し立て、さらに忠輝の岳父が伊達政宗であり、長安と政宗は親しい関係にあったことから、長安が政宗の力を背景にして謀反を企んでいたと申し立てた。これによりすでに没していた大久保長安の遺体は掘り出され磔にかけられ、一族は粛清された。

この大久保長安事件で、大久保忠隣は力を失ったが、本多父子は翌年、忠隣が家康の豊臣氏討伐に反対していたことで、豊臣氏家老の片桐且元との関係などを申し立てて、忠隣は遂に改易され近江へ追放された。

慶長19年(1614)大坂冬の陣の時の徳川氏と豊臣氏の講和交渉で、大坂城内堀埋め立ての策を家康に進言したのは、正純であったと言われ、智謀の才により大阪の陣を勝利に導いた。

元和2年(1616)、徳川家康と父の正信が相次いで没した後は、江戸に移り第二代将軍徳川秀忠の側近となり、年寄にまで列せられ、元和5年(1619)には下野小山藩五万三千石から宇都宮藩十五万五千石に加増を受けた。

しかし、謀略によりのし上がり、権勢を欲しいままにしていた正純には敵も多く、やがて秀忠や秀忠側近から疎まれるようになる。幕僚の世代交代が進み、秀忠側近の土井利勝らが台頭してきたことで、その影響力、政治力は次第に薄弱になっていった。

元和8年(1622)、出羽山形の最上氏が改易された際、正純が上使として山形城受取りに出向いている最中に、鉄砲の秘密製造や宇都宮城の本丸石垣の無断修理、さらには秀忠暗殺を画策したとされる宇都宮城釣天井事件などを理由に11か条の罪状嫌疑を秀忠から突きつけられ、所領を召し上げられ、出羽の由利郡に五万五千石を与えるという命を受けた。

しかし正純は、謀反の嫌疑に対して身に覚えがないとして五万五千石の命を固辞した。秀忠はこれに激怒し、本多家は改易され、身柄は佐竹義宣に預けられ、出羽国横手に流罪となった。この正純の失脚により、家康時代にその側近を固めた一派は完全に排斥され、土井利勝ら秀忠側近が影響力を一層強めることになった。

この顛末は、秀忠側近の土井利勝らの策謀であったとも伝えられ、また、秀忠の姉の亀姫が、秀忠に正純の非を直訴したためだともされる。

亀姫は正純が宇都宮に栄転したのに伴い格下の下総古河に転封を命じられた奥平忠昌の祖母であり、またその娘は、本多父子の陰謀で改易された大久保忠隣の子の大久保忠常の正室であり、正純に憎悪を抱いていたと考えられる。

さらに、改易された山形最上藩の領土収公に赴く途中で改易を命じられるという顛末は、キリシタン鎮圧に赴く途中で改易を申し渡された大久保忠隣の時と類似しており、忠隣に関連する人物らによる報復とも考えられる。忠隣の親戚に当たる大久保彦左衛門忠教は、忠隣を陥れた因果を受けたと快哉を叫んだという。

その後正純は千石の捨扶持を与えられ、横手で幽閉生活を送り、寛永14年(1637)3月死去した。享年73歳だった。

日だまりを 恋しと思う うめもどき 日陰の赤を 見る人もなく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です