秋田県秋田市八橋本町二丁目…帰命寺

2016/07/27取材

 

この帰命寺には、石田三成の墓と伝えられる墓碑がある。定説では、

石田三成は関ヶ原の戦いに敗れ、伊吹山に逃れ、古橋まで逃れた。しかしついに田中吉政の追捕隊に捕縛され、大津城に護送され、城の門前で生き曝しにされた。その後、大坂に護送され、小西行長、安国寺恵瓊らと共に大坂、堺を引き回されたのち、京都の六条河原で斬首された。首は三条河原に晒され、その後、京都大徳寺の三玄院に葬られた。

しかしこの地の伝承によれば、

処刑されたのは影武者であり、三成は逃げ延び、京都大原の阿弥陀寺に身を隠し、そこで得度し名を長音と改めたという。三成は佐渡や江戸、羽前を歩き修行を重ね、江戸では天海上人と交流を深めた。その後、懇意だった佐竹義宣を頼り秋田に下り、この帰命寺を創建し延宝6年(1678)、79歳で没したと云う。

石田三成は永禄3年(1560)生まれとされ、墓石の没年からすると118歳で没したことになり、三成と佐竹義宣が懇意だったことと、日本人の判官びいきが作り出した伝承だろう。

しかし、三成の娘辰姫や次男重成が、津軽為信の許に匿われ、辰姫は津軽三代藩主の生母となっていることから、三成の縁者が秋田に匿われたことは十分にあり得ることだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です