山形県酒田市中町1丁目

震災前取材

 

近江屋三郎兵衛宅跡は酒田市役所の近く、旧鐙屋と旧本間家本邸の間にある。近江屋は酒田三十六人衆の1人で、俳諧にも造詣が深かった。

曾良日記によると

廿三日、近江ヤ三良兵ヘヘ被招。夜ニ入、即興ノ發句有

とあり、近江屋の玉志亭で(異説あり)、瓜でもてなされたので、句ができなければ瓜は食べられないという座興で、即興で句を作ろうということになった。松尾芭蕉は、

初真桑四つにや断ン輪に切ン

と発句を詠んだと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です