山形県庄内町廻舘字上豊浴

震災前取材

 

現在国道47号線が走るこの舟つなぎの松がある地は、江戸時代の初期の、正保3年(1646)頃の古絵図によると、最上川はこの付近を大きく湾曲して流れていた。

その当時、このクロマツには舟がつながれ、この松は舟つなぎの松と呼ばれたとされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です