山形県朝日町三中

震災前取材

 

朝日町の旧西五百川小学校三中(みなか)分校は、明治15年(1882)に建てられた、木造3階建ての近代建築である。明治初期に見られる洋風や擬洋風とは異なり、1、2階の外見からは、昭和初期のモダニズムの走りのような印象がある。

寄棟、金属板葺、外壁は下部は板張りで上部は漆喰で塗られている。1階玄関上部の曲線は洋風建築の要素を取り入れてはいるが、2階の雲形の虫籠窓や、3階の丸窓などは、日本の書院造の要素が取り入れられている。

当時の風潮からすれば、学校建築は洋風建築が一般的だった時代に、このような設計で学校建築を行った例は少なく、また木造3階建ての学校建築が現存しているのも貴重であり、朝日町の有形文化財に指定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です