スポンサーリンク

山形県山形市渋江…真福寺

震災前取材

 

 

この真福寺には、由井正雪の乱に加担した丸橋忠也の墓と伝えられる墓石がある。

一味の内からの密告により、倒幕の計画は露見し、慶安4年(1651)7月、丸橋忠弥は江戸で捕縛され、京都へ向かっている途中の正雪も駿府で捕り方に囲まれ自決し計画は頓挫した。捕縛された忠弥は、鈴ヶ森で磔にされ処刑された。

忠弥の墓は、鈴ヶ森刑場跡の近くの東京品川区にあるが、この地にも墓石が立っている。伝承として忠弥の墓と伝えられるが、詳細は定かではない。この地の縁者が立てたものかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です