秋田県にかほ市小国

震災前取材

 

陽山寺は、院内の禅林寺の末寺で、禅林寺の住職が上院内の卵塔にあった安楽寺を現在地に移し、陽山寺と改めたとされる。

現在の本堂は文化8年(1808)に建立されたもので、また山門は、瓦葺きの楼門で仁王像を安置しており、建立は宝暦年間(1751~64)と伝えられている。楼門は桜門と呼ばれ、秋田県下で屈指の美しい楼門とも云われている。文化元年(1804)の象潟地震で被害を受け、大修理を行ったという記録が残っている。

また、庭園には樹齢350年以上とされるツツジがあり、季節には見事な花を咲かせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です