秋田県由利本荘市鳥海町百宅

震災前取材

 

弘仁12年(821)、空海上人が湯殿山詣の後にこの地を訪れたところ、この滝で不動明王が行をしていることを知った。空海もこの地の岩屋に篭り行を行ったと云う。

上人が行を行ったという「弘法洞穴」の上部には、衣を干したとされる「衣干場」といわれる白い岩場がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です