秋田県由利本荘市矢島町城内字八森

震災前取材

 

八森城跡の搦手口の坂は民部坂と呼ばれている。

生駒藩時代、この坂の上り口に生駒藩士の桜庭民部の屋敷があったために「民部坂」と呼ばれるようになった。またこの坂は、領内の農家が、八森城に年貢米を収めるときに利用した運搬道路であったため、「年貢坂」とも呼ばれた。

また、城内から中央に米を搬出するときは、付近の築館の船着場までこの坂を通り運び出されたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です