山形県鮭川村大字庭月

2012/07/06取材

 

庭月観音の境内の地蔵堂には、「びんてんこ地蔵」と呼ばれる地蔵が祀られている。

昔、子どもは両目のわきに髪の毛を少し残していたが、これを「びんてんこ」と言った。

子どもが、水難、火難、交通事故などの災難にあいそうになると、その一歩手前でお地蔵さんが「びんてんこ」を引っぱって、災難から子どもを守ってくれると伝えられ、今も多くの信仰を集めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です