山形県米沢市館山5丁目

震災前取材

 

館山寺は館山城があった館山の山麓に位置している。寺宝の秘仏である一寸三分の虚空藏菩薩は、館山城に安置されていたもので、藤原清衡の曾孫の新田経衡が寄進したものと伝えられており、藤原氏ゆかりの寺と考えられる。

また前座仏である虚空藏菩薩は、伊達政宗が中国霊山から勧請したもので両尊ともに智能財宝に御利益があると古来より信仰の対象となっている。

新田氏は藤原氏滅亡後は長井氏に属し、長井氏滅亡後は伊達氏に従ったが伊達輝宗に背き滅ぼされた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です