山形県新庄市鳥越字休場

震災前取材

 

兄頼朝に追われた義経一行は、平泉に逃げのびようと「亀割峠」を越えるため、新田川沿いの道を上った。その途中、この地で一休みし、その場所に判官神社は建立された。この地は「休場(やすんば)」といい、この地名もこのことに由来したものと伝えられる。

亀割山で、北の方が義経の子を無事に出産したため、今なお安産の神として信仰されている。この神社には弁慶が握ったという手の形がついた石が伝えられている。

義経一行はここから亀割峠を越えて、瀬見へ向かったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です