岩手県滝沢市巣子

2013/04/28取材

  • 追分の碑
この地は、柳沢(岩手山)と、鹿角への分かれの地になっており、2基の碑は、いずれもその道しるべとして、文化4年(1807)と安政3年(1856)に建てられたもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です