福島県福島市瀬上町字柳沼

 

関ヶ原本戦に東軍が勝利すると、伊達政宗は父祖の地を奪還する好機到来とばかりに、約2万の兵を率いて仙台の北目城から伊達郡、信夫郡へ出陣した。上杉勢は、このとき福島城の本庄勢と、梁川城の須田勢と合わせて5千ほどだった。

政宗は国見山に本陣を置き、伊達勢は摺上川を渡河し始めた。戦いは、摺上川の下流を渡河した伊達の屋代隊と、上杉の小田切隊との間で始まった。小田切隊は手強く戦い、緒戦は上杉軍の優勢であった。しかし、多勢に無勢、茂庭隊を阻止することができるはずもなく、やがて渡河した茂庭隊を正面にして奮戦したが、たちまち斬り立てられた。伊達の屋代隊に茂庭隊が合流し、上杉勢はついに支えきれず退却をはじめた。伊達の大軍は川一面に広がって渡河を開始しはじめた。

伊達軍は上杉勢を圧倒し、瀬上町へ追い込み、宮代では上杉勢の多くの名のある武者が軒並み討ち死にした。上杉の敗兵は信夫山中と福島城へ四散した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です