福島県桧枝岐村居平

震災前取材

  • 枝岐口留番所跡

桧枝岐の地は、江戸時代には南山御蔵入と呼ばれ、幕府の直轄地だった。この地は、南山御蔵入の西の口にあたり、口留番所が置かれた。

桧枝岐はロウソクの生産地で、また豊富な材木の生産地でもあった。口留番所は、代官所の出先としても機能し、取り締まりは、女、ロウ、漆、飢饉の年には食料の調べも行った。戊辰戦争の際には、とりわけ人改めが厳重に行われたと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です