福島県下郷町中妻字観音前

震災前取材

  • 中ノ沢観音堂
中ノ沢観音堂の創建は、大同2年(807)、会津仏教の始祖である徳一上人が開山したものと伝えられている。安置仏は聖観音立像で秘仏となっている。

観音堂は三間四方、四面に回廊を持つ南北朝様式を残す本格的和様建築物で、阿弥陀堂建築の流れを踏襲したものとされ、様式工法からみて鎌倉時代から室町時代初期に建てられたものと考えられている。御堂の基礎や仏像に火事の痕跡があり、このことから平安時代に建てられた御堂が室町時代初期に火災で焼失、ほぼ同型の建物が再建されたと推定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です