福島県伊達市梁川町鶴ヶ岡…梁川小学校

 

別名:鶴ヶ城

梁川城は、現在の福島県伊達市梁川町鶴ヶ岡にあった平山城で、鎌倉時代初期に築城され、鶴ヶ城と呼ばれることもあった。梁川中心市街地の東側にある茶臼山から西北西方向に馬蹄形に張り出した比高10数mの高台に築かれていた。梁川城の北側には曲輪や堀が築かれ、西側は段丘の急斜面、南側は広瀬川、そして東には金沢堀と茶臼山 に守られている。

文治5年(1189)の奥州合戦に際し、伊達氏の祖の常陸入道念西(伊達朝宗)が、その四人の子息とともに前衛として出陣、石那坂の戦いで大将の佐藤基治を生け捕りとした。この功によって激戦地阿津賀志山がある陸奥国伊達郡を賜り、これを契機に伊達を称し、築城したと伝えられる。

梁川城は、四代伊達政依のころから、天文元年(1532)に伊達稙宗が桑折西山城へ移るまで、300年弱にわたって伊達氏の本拠城だったと考えられている。城の北方には伊達氏の氏神の梁川八幡宮があり、近隣には京都五山に倣って伊達政依が創建したとされる伊達五山と称される寺院があった。その後伊達氏が奥州探題職などを得たことにより、伊達郡のみならず南奥州の要として栄えた。伊達氏の居城が桑折西山城、さらには米沢城に移った後も梁川城は領内の重要拠点として機能し、一族や有力家臣が城主となっている。

伊達政宗が初陣で相馬氏と戦ったときの伊達軍の拠点となったのが梁川城で、また、その政宗が田村郡の田村氏から愛姫を正室として迎えたとき、花嫁の受け渡しがおこなわれたのも梁川だった。

奥州仕置により伊達氏が岩出山城へ移ると、梁川城は蒲生氏郷の領地となり、氏郷の死後は上杉景勝の領地となって、梁川城には須田長義が置かれた。現在の梁川城の遺構は基本的にこの時代のものである。蒲生、上杉時代に大きな改修があったと推測でき、北三の丸の高い土塁、広い堀などもこの時代の増築と考えられる。

慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの折に、東軍の伊達政宗と、西軍の上杉勢との戦いが現在の福島盆地で行われた。そのとき、伊達軍は大枝城に陣を布いて、阿武隈川対岸の梁川城を攻めたが、梁川城の抵抗も強く、横田大学の内通も発覚したため、伊達軍は攻撃を中止して北目城へ帰った。

江戸幕府成立後、上杉氏は禄高を百二十万石から三十万石に減らされたが、伊達郡は引き続き上杉氏領となり、梁川城には上杉氏の家臣が置かれた。しかし寛文4年(1664)、上杉綱勝が後継者を決めぬまま急死したことで、本来ならば改易になるところを上杉領は三十万石から十五万石に減封され、梁川城を含む伊達郡は没収され天領となった。この時、梁川城は廃城となり、城の一部がその後も陣屋として使用された。梁川は、天領となったり梁川藩となったり、あるいは会津藩や磐城平藩や松前藩の飛び地となったり、めまぐるしく変わった。安政2年(1855)に再度松前領となって明治に至った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です