福島県二本松市西勝田小浜

震災前取材

 

永禄12年(1569)、大河内備中が守る宮森城は、大内備前義綱らに攻められ落城した。そのとき、 大内備中の室は子とともに逃れたが、子は殺され、室は囚われ、大内備前の側室になることを強いられた。しかし室は死を決してこれに応じなかった。大内備前は、その節操の堅さに感銘し、遂にこれを解き放った。

大河内備中の室は、この石の傍らに庵を設け、亡夫大河内備中と我が子の冥福を祈り、生涯をここに終えた。村人達は、この母親の貞節を讃え「石かっか」と呼び、後世にこの石を「かっか石」というようになったと伝える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です