福島県伊達市保原町上保原字丹露盤

 

別名:高子岡館

高子岡城は、伊達家の始祖伊達朝宗(中村入道念西)が最初に築いた居城と伝えられる。城 域は北に張り出した小丘の一帯で、北西側は断崖になっており、現在は畑地の南側に数段の段郭があったと思われる。頂上は、この地域の景勝の地であり「丹露盤」と呼ばれており伊達平野が一望できる。

念西は,文治5年(1189)の奥州合戦に子息を率いて参加、源頼朝に従い、伊達郡厚樫山の合戦等で戦功を挙げた。この戦功により、伊達郡を賜り、この高子岡に城を築きこの地に移り、中村の姓を伊達とあらためた。

山上に鎮座する八幡宮は、このとき鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請したものと云う。この社は亀岡八幡宮と呼ばれ、その後、伊達家の移遷とともに移り、仙台市川内亀岡町にも鎮座している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です