福島県南相馬市小高区泉沢字薬師前

 

大悲山(だいひさ)の薬師堂のある山の南向いの小山が蛇巻山と呼ばれ、大蛇伝説が伝えられている。

その昔、南北朝時代のころ、琵琶の名手で、玉都(たまいち)と言う目の不自由なお坊さんがいた。玉都は、目が治るようにと、大悲山薬師堂に百夜の願をかけ、毎晩琵琶を弾いていた。

いよいよ満願という日の夜、近くの沼の主の大蛇が、若侍に化けてあらわれ、玉都の美しい琵琶の音を聴かせてもらった礼にと、ひとつの話をした。

それは、蛇巻山を七周り半もするほどに体が大きくなり、沼が狭くなったために、明日から七日七晩大雨を降らせ、三里四方、小高郷一体を大沼にするから三日の内に立ち退けという。

そして、そのあかつきには、玉都を小高郷の領主にし、目も見えるようにしてやろうと言うのだ。しかし、他人にこの秘密を話せば命はないとも告げられた。

この話の一部始終を聞いていた薬師堂の観音様は、蛇の体を腐らせ、その魔力を失わせる「鉄の釘」をたくさんつくり、大蛇の住む沼の岩に打ち付けて、多くの里人を救うように玉都をさとした。

玉都は、念願の目が見えるようになり、小高郷の領主になれることに、一時は心を奪われたが、仏に仕える身であることを思い起こし、観音様のこの話を小高城の殿様の相馬光胤公に知らせた。しかし、その帰り道、小高川にかかる橋のところまでくると、一天にわかに暴風雨となり、電光あれて玉都は八つ裂きにされてしまった。

その後小高城の殿様は、家来達にたくさんの「鉄の釘」をつくらせ、大悲山の蛇巻山周辺の沼の岩に釘を打ちつけ大蛇を退治した。玉都の命を捨てての進言によって、小高郷と里人達は大洪水の被害から救われたと云う。

玉都が命を落とした小高城西方の小高川にかかる橋は、琵琶橋と呼ばれるようになり、玉都は薬師堂の脇に祀られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です