福島県福島市飯坂町字銀杏

 

乙和稲荷は、今から約800年前、乙和姫によって祀られた。

乙和姫は、平泉の藤原清衡の末子、亘理十郎清綱の娘で、信夫の庄司で大鳥城主の佐藤基治の妻であり、源義経の忠臣として有名な継信、忠信の母である。乙和姫は大層信仰心が厚く、長男の前信の住め館内に稲荷を祀り深く信心した。

源頼朝による平泉征討によりこの地を離れたが、後世、この地の人々は乙和姫を偲んで、この稲荷に姫を祀り乙和稲荷と呼ぶようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です