福島県福島市伏拝字羽山岳

 

かつて現在の福島市の地は一面の湖水であったという。かつての街道はこの伏拝の地を通っており、人々はここから信夫三山、羽黒山、月山、湯殿山をここから伏し拝んだという。

明治9年(1876)の、明治天皇の東北巡幸の折には、この地で野立てが行われた。

現在、この丘陵地一帯は「共楽公園」として整備され、市民の散策の地となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です