福島県福島市柳町

 

信夫橋のたもとにひっそりと稲荷の小社が建っている。この地は奥州街道が通り、福島城下南側の江戸口にあたり、近くには枡形番所と大木戸が置かれていた。

貞享年間(1684~1688)に、この荒川が氾濫し町が流失する寸前のときに、稲荷のご神体が流れてきて人々を救ったという。

明治14年(1881)の福島大火により焼失したが、昭和8年(1933)に再建された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です