秋田県にかほ市院内

震災前取材

 

別名:丹後清水

鎌倉時代の初期、仁賀保氏の家臣の佐藤丹後守が掘り、仁賀保公が愛飲したという清水。

後に、七高神社の別当寺の極楽寺が十王を祀る堂を建立したことから、十王堂の井戸と呼ばれるようになった。

この地を訪れる修験者達は、正月4日に水垢離を取り、五穀豊穣と村内の無事安泰を祈ったと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です