秋田県由利本荘市矢島町字矢島町

震災前取材

 

この建物は、明治2年(1869)に建てられた武家屋敷を修理復元したものである。

慶応4年(1868)の戊辰戦争の際、八森陣屋と城下町は殆どが焼失した。しかし翌年には版籍奉還により矢島藩庁が成立し、城下の復興工事が行われた。この住宅は、このとき矢島藩の江戸家老だった加川退蔵の住宅として建てられた。当初は、旧八森陣屋大手門脇の堀端にあったが、加川家が東京に移転するにあたり、矢島藩士だった佐藤政忠が購入、現在地へ移転した。

佐藤政忠は、戊辰戦争の際には百宅口防衛の隊長として、庄内勢との戦いを指揮し、戦後は少参事、そしてこの地区の区長となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です