宮城県石巻市沢田字京ヶ森

 

館跡とみられる山頂部には平場が設けられ、その西側部には土塁状に高まった所が認められる。主郭部を挟んで北と南に空堀跡があり、また南側には桝形門の跡と思われる遺構が認められる。詳細は不明であるが、古代から中世にかけての軍事的施設であろうと推定される。

自然の山塊をそのまま利用した古い城で、古くはこの地の蝦夷の城塞のチャシだったと考えられる。「牡鹿郡萬御改書上」には、「沢田・真野・沼津の三か村の境にあり、館主安倍貞任と申し伝えあり」とある。

現在はハイキングコースが設けられており、山頂は芝生で、万石浦から石巻湾一帯、市街地より矢本・鳴瀬町が展望でき、北東には北上連山の尾根が続く眺望を楽しむことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です