宮城県石巻市真野字萱原…長谷寺

 

室町初期から鎌倉時代の作と思われる、寄木造りの十一面観世音菩薩像が安置されている観音堂。藤原秀衡による安置が初めてとされる。源義経が、出陣の折に戦勝祈願をしたものと伝えられる。

平泉藤原氏の滅亡後は荒れ果てていたが、鎌倉の帰依を得て、その指示を得て、鷲ノ巣館主の平小三郎によって再興された。その後野火や兵乱によって荒れることしばしばだったが、永禄7年(1564)、興津源兵衛なる者が、堂を修復し往時の面影を取り戻したと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です