戻る

宮城県栗原市金成大林寺沢

 

この大杉は、金成中心部から北東に入る大林寺沢にある。推定樹齢は700~900年、樹高約30m、幹周約7.5mである。

金成には古くから炭焼藤太とその子の金売吉次の伝説が伝えられ、この大杉の根元の熊野神社は、金売吉次が勧請したものと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です