宮城県石巻市北村朝日山

 

石巻の桜の名所の旭山の中腹に桃太郎神社は鎮座している。建立時期や由来など詳細は不明だが、「日本一桃太郎神社」の標柱には、内閣総理大臣、岸信介の名がある。

この地には桃太郎伝説が伝えられている。この地は古代の桃生(ものお)城の近くで、この「桃生」の地名と、古代の蝦夷征討に関わるものかもしれない。

桃太郎は、家来の犬、猿、雉とともに、鬼の住む金華山にわたり、散々に鬼を破り、鬼の財宝を持ち帰った。ところが、桃太郎はその勝利に驕り慢心し、犬、猿、雉と、毎日のように酒を飲み遊び楽しんでいた。

金華山の鬼たちは、この桃太郎たちの様子を見て、その油断をついて攻めかかり、酒に酔った桃太郎らは鬼に敗れ去り、せっかく手に入れた金銀財宝を奪われてしまったと云う。

この地「桃生郡」は、アイヌ語で「流域の丘」を意味する「モムヌプカ」から来たとされ、「桃生」は、読みにあてたものと考えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です