宮城県石巻市北村朝日山

 

桜の名所として名高い、旭山公園の一画に観音堂がある。この観音堂は、亡学童や戦没者の冥福を祈るため発願されたもので、昭和13年(1938)建立された。

文豪徳富蘇峰が定礎し、御堂は東北大学小倉強教授が設計し、平安時代の様式で三間四面単層四柱造、本瓦葺の懸崖造りである。堂内には、国方林三作の国宝級とされる聖観音像が 安置されており、扁額の「観自在」は、徳富蘇峯の筆によるものである。

また、土井晩翠も歌を寄せ、

旭山御堂の中に拝みぬ 端厳微妙の聖観音

と詠んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です