岩手県盛岡市茶畑

震災前取材

  • 十六羅漢

江戸時代、盛岡藩では、四大飢饉といわれる元禄、宝暦、天明、天保の大凶作により多くの餓死者がでた。祗陀寺14世天然和尚は、その悲惨な餓死者を供養するために、十六羅漢と五智如来の合計21体の石仏建立を発願した。そして領内から浄財の喜捨を募り、天保8年(1837)に工事に着手した。

十六羅漢とは、釈迦の弟子で、特に優れた尊敬に値する16人。仏勅を受けて永くこの世に住し衆生を済度する役割をもっているといわれる。また五智如来は、密教の金剛界曼荼羅の五仏である、大日如来、多宝如来、釈迦如来、阿弥陀如来、阿上ゥ如来を指す。

下絵は藩の御絵師狩野林泉が描き、石材は市内の飯岡山から切り出し、藩の御用職人の石工7人が3年がかりで荒刻みを行い、北上川を舟で渡して、建設場所のこの祗陀寺末寺の宗龍寺境内に運び入れ、最後の仕上げをしたものといわれている。

起工から実に13年目の嘉永2年(1849)、天然和尚の孫弟子にあたる長松寺13世泰恩和尚のときにようやく竣工した。しかしこの地の宗龍寺は、明治維新後に廃寺となり、明治17年(1884)の大火で寺院は焼失し、現在は21体の石仏群を残し市の公園となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です