岩手県奥州市江刺区田原字御免

震災前取材

弁慶屋敷跡

 

この地は、義経北行伝説の残る地で、それによると、

平泉を脱出した義経主従は、その途中この地に立ち寄り、白粟五升を求め炊かせて空腹を満たした。また、この地の屋敷は、かつて弁慶が住んだこともあり、弁慶屋敷とも呼ばれるようになったと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です