震災前取材

岩手県一関市舞川字原沢…菅原神社境内

 

慶応4年(1868)春、朝廷は仙台藩に対し会津征討を下命した。
その時、江戸藩邸にいた下文太夫は、横浜の外国商人より、戦いに備えて武器を買い付け、その荷を仙台まで運搬した。途中、厳しい臨検にあったが、文太夫の機転により難を逃れ、無事仙台まで運び、その大任を完遂した。
解難碑には、このときのいきさつが記されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です