震災前取材

岩手県一関市花泉町花泉字天神前

 

現在の一関市花泉町の涌津には宿場があった。この地で芭蕉と曾良は雨に降られ、涌津から次の金沢の宿まで馬に乗っている。曾良の随行日記には次のように記されており、難渋した旅の様子がうかがえる。
一 十二日 曇。戸今を立。三リ、雨降出ル。上沼新田町(長根町トモ)三リ、阿久津(松島ヨリ此処迄両人共ニ歩行。雨強降ル。馬ニ乗)一リ、加沢。三リ、皆山坂也。一ノ関黄昏ニ着。合羽モトヲル也。宿ス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です