福島県会津美里町字舘ノ廻…真福寺

震災前取材

  • 地蔵堂
真福寺の境内には地蔵堂があり、その地蔵の足元に「石枕」がある。

この石枕については、次のような伝説が伝えられる。

昔、この地に平家の落人の女中だった老婆が住み着いていた。この地は越後に通じる道で、行き暮れて泊まる者が訪れると、平家再興の軍資金調達のため、旅人に石の枕をさせ、夜中に石の槌をもって殺し金品をはぎとっていたと云う。

しかし時折一人の草刈童子があらわれ、道に迷った旅人をみると、
日暮るるとも 荒井小松に宿とるな 石の枕に槌ひとつ
行き暮れて 野には伏すとも宿かるな 荒井の里のひとつ屋のうち

と唄い、旅人に危険を知らせたため、旅人はこの老婆の宿には泊まらなくなった。後に、この草刈童子は鎮守神十二天の化身であったろうと伝えられたと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です