福島県会津美里町字丸山

震災前取材

  • 蛇の宮神社
丸山の山麓に、蛇の宮神社と呼ばれる小さな祠があり、大蛇の伝説を伝えている。

昔、延命寺前の雑木林に酒樽ほどもある太さの大蛇が住んでおり、時折、林から道にまで出てきてこの地の人々に恐れられていた。この地を通る道は、氷玉峠を越えて日光、江戸への裏街道であり、藩政時代には各藩の殿様もよく通る道だった。

里人たちは、おっかなびっくりながらも、道に出てきた大蛇に、「そんな大きななりを見せるものではない。殿様にご無礼があってはお前も生きていられまい」と声をかけてさとした。蛇はその言葉がわかったのか、それからは姿を見せることはなくなったという。

村人たちはそれをあわれに思い、山裾に蛇の宮を建てたと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です