福島県石川町曲木字小和清水

2011/09/05取材

  • 小和清水
 

この小和(こわ)清水のある石川町の曲木は、和泉式部の生誕の地と伝えられる。

和泉式部は幼名を玉世姫といい、この地を治めていた、眞垣荘司安田兵衛国康の一子であるとされる。この清水は、玉世姫が産湯にした清水であると伝えられ、現在では、子育て、子宝の霊水として人々に親しまれている。

和泉式部の伝説は全国各地に伝えられており、この石川には、この地の他に「櫛上げの石」「猫啼」「光国寺和泉式部堂」など多数伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です