福島県白河市関辺字関山

震災前取材

  • 関山遠望
 

関山の歴史は古く、天平2年(730)に行基が満願寺を開山したとされ、かつては山麓から山門や伽藍が山頂まで続いていたと云う。そのため、白河の関を通るものの多くは、この地を訪れたようだ。

・下馬碑

永承6年(1052)、源頼義が前九年の役の折に戦勝を本尊、並びの山王権現に祈願し、下馬碑を奉納した。

・神馬堂跡

治承4年(1180)、源義経は頼朝の挙兵を知り鎌倉に駆けつけるとき、途中関山に登り、本尊に参拝し神馬を奉納したと伝える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です