福島県三春町大町

震災前取材

 

三春藩の藩校は、藩主秋田氏七代倩季(よしすえ)によって天明期に創設され、講所名を明徳堂と称し、武家子弟の学問武芸の教授に当たった。この講所表門は、寛政年間の建築で、扁額は藩主倩季により書かれたもの。

明治4年(1871)講所廃止後は、中学校や師範学校、また民権運動家を育成した正道館などに転用された。

この講所表門は、寛政年間の建築で、しばらく公会堂の門として町民に親しまれたが、昭和22年(1947)現在地に移し、三春小学校校門として生かされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です