福島県会津若松市一箕町八幡字弁天下

 

飯盛山の一画にある宇賀神堂は、寛文年中(1661~72)に建立され、会津三代藩主松平正容が、弁財天とともに、五穀豊穣の神の宇賀神を祀ったもの。

この堂には、飯盛山で自刃した白虎隊19士の像が安置してあり、像はフランス流の洋服姿で、明治23年(1890)白虎隊墳墓改修の際に製作された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です