福島県郡山市日和田町字安積山

震災前取材

 

安積公園内には「山の井清水」が復元されている。「山の井」は万葉集にも詠まれ歌枕の地「安積山」とともに宮廷歌人たちの心を捉えていた。郡山には片平にも「山の井公園」と「采女神社」があるが、双方に次のような伝説が伝えられている。

約1200年前、陸奥の国安積の里は冷害が続き朝廷への貢物ができなかった。このため都から巡察使葛城王が訪れた。里人たちは窮状を訴え、貢物の免除を願ったが、その願いは聞き入れられなかった。その夜、葛城王をもてなす宴が開かれたが、王はちょっとしたことで機嫌を悪くしてしまった。そこで里長は娘の春姫を宴の席に出し、春姫は心から王をもてなし、

安積山 影さえ見ゆる 山の井の 浅き心を 我が思わなくに

と詠み献上した。

和歌にすぐれた王は大変喜び、春姫を帝の采女として献上することを条件に、貢物を三年間免除することになった。春姫には、次郎という相思相愛の許婚者がいたが、悲しみをこらえて都に上った。

都での春姫は、帝の蘢愛を受けていたが、中秋の名月の日、次郎恋しさに猿沢の池畔の柳に十二単衣をかけ、入水したように見せ、愛する次郎の待つ安積へ向かった。しかし次郎はすでに山の井清水に身を投じこの世にはなかった。里へたどりついた春姫はこのことを知り、雪の降る夜、次郎のあとを追い、同じ山の井の清水に身を投じた。

翌年、雪がとけ春になると、山の井の清水のまわり一面に名も知れぬ薄紫の美しい可憐な花が咲き乱れた。だれ言うともなく、二人の心がこの花になったのだと噂し、「花かつみ」と呼ぶようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です