福島県桑折町新町…桑折寺山門

 

桑折寺の山門は、天文17年(1548)、西山城主の伊達晴宗が城を破却して米沢城に移る際、その城門を拝領し移築したものと伝えられる。

銅板葺き四脚門で、門口の柱間は2.7m、奥行きは1.7mと小型で、扉付きのこの門は、切妻の唐破風を正面にした、向い唐門である。

昭和55年(1980)の解体修理に際して、銅板葺きとした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です