福島県桑折町万正寺字大榧

 

この大カヤは、樹高15m、幹周8.70m、枝張りは29mにも及び、平成元年(1989)の旧環境庁調査では、日本一の大カヤとされている。主幹の1.5m位上部から大きく枝分かれし多数の幹を広げ、大きな傘形の樹冠を形作り、樹勢はきわめて旺盛である。樹齢は1000年と伝承されている。

この地は、伊達家発祥の地であり、伊達家ゆかりの寺や旧跡が多い。それと関わりがあるのかは定かではないが、この大カヤ付近から、鎌倉時代のものと考えられる古瀬戸の瓶子や、赤褐色の遺骨を納める蔵骨器などが発見された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です