福島県浪江町室原

 

文治2年(1186)、源義経が弁慶らを従えて奥州平泉へ下るとき、中通り筋より浜街道に向かった。その折に、この室原道を進み、この地に差し掛かると、山容にこだまする滝音に、大滝があるのだろうと暫し駒を止めた。

義経はこの石に鞍をかけ、自ら滝不動尊に参拝し、一行の武運長久と、道中安全を祈願し、不動の滝に感嘆したと伝える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です