福島県いわき市四倉町下仁井田字樋向

 

この四倉の地には、古くから、この諏訪神社付近で浦島太郎が生まれたと云う伝説が伝えられている。四倉のシンボルマークが亀であるのは、この伝説に由来する。

——————–

浦島太郎は、子供たちにいじめられていた一匹の亀を助け、そのお礼に竜宮城に案内される。そこで歓待され、土産に玉手箱をもらい、それを開くと白髪の老人になってしまった。

——————-

浦島太郎の話は有名な話で、様々なバリエイションがあり、これにまつわる地は全国に散在する。

最も古くは「日本書紀」に記載があり、浦島子が大亀とともに蓬莱島に渡ったとある。その内容は、神仙思想を元に古代中国で流行した神仙伝奇小説に似ており、不老不死への願望から生じたものと考えられている。「万葉集」にも記載され、現在一般に伝えられている内容に近いものになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です