福島県相馬市尾浜字松川

 

松川浦大橋の南、鵜ノ尾(うのお)トンネルを南に抜けるとすぐに夕顔観音がある。

昔、観音像が夕顔(ひょうたん)に乗り海上を漂い、鵜ノ尾岬に流れ着いた。そして村人の夢枕に立ち「自分は今、白河の浜に着いたからその上の山にまつってくれ」という。村人が浜に出てみると、夢の言葉の通り観音像が渚に流れ着いていた。村人は観音像をこの地に祀り、夕顔観音と呼ばれ崇敬を集めた。

いつのころか、この夕顔観音のそばに小さな石が生まれ出ているのを村人が見つけた。村人達はこれは観音様が生んだものだろうと考え、それ以来、夕顔観音はお産の神様としても崇敬され、今も参詣する者が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です